地域家電店・電気店を元気にする顧客管理システム「HOKUHOKU(ホクホク)」のサポートサイトです  / 株式会社バロン

FAQ−0713

バックアップはなににとればいいの?

顧客データは大切な財産です。その大切な財産を守るのがバックアップです。そして、バックアップをとる媒体は様々な種類があります。バックアップのための主な外部記憶装置は、次のようなものがあります。使用中のパソコンで利用できる外部記憶装置を選択して下さい。

  • 主な大容量の外部記憶装置
    外付HDD書込み・消去が自由な大容量の記憶装置。USB接続で使用でき、取り外しや持ち運びが容易なので、パソコン本体を買い換えた時に、そのまま付け替えるだけでデータを移行できます
    USBフラッシュメモリ書込み・消去が自由な持ち歩き可能な記憶装置。USBコネクタに接続すればリムーバブルディスクとして認識されます
    CD1度だけ書込みができるCD-R、書込・消去が可能なCD-RWがあり、容量は650MBと700MB
    DVD1度だけ書込み可能なDVD-R、書込・消去が可能なDVD-RAM・DVD+RWあり、容量は4.7GB等
    その他スマートメディア・メモリースティック・SDメモリカード・MO等があります
    • バックアップに必要な容量は、データ量によって異なりますが、上表の外部記憶装置であれば1つで容量は充分足ります。大容量なので、1つの外部記憶装置内に曜日ごとのように複数のフォルダを作成し、それぞれにバックアップできます。
    • バックアップは1つの外部記憶装置だけではなく、複数のUSBフラッシュメモリ、外付HDDとUSBフラッシュメモリなど、複数または異なる外部記憶装置にそれぞれバックアップをとることをお勧めします。バックアップが多ければ、それだけデータの安全性が高くなります。
    • 通販で購入できる外部記憶装置をこちらで紹介しています

戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional